違いを知っておきたい!結婚指輪の選び方について

どのタイミングで購入するか

結婚指輪は結婚式の前までに用意しておきたい指輪で、大抵は婚約指輪のあとに買うことになるでしょう。当然、買いに行くのはプロポーズの後になりますね。誓いのときに交換するため、大抵はペアリングで用意することになります。ペアリングとはいえ婚約指輪よりも安いものを選ぶ傾向にはあります。相場も婚約指輪より安いです。男女ともに必要なので、ふたりで選び購入すると良いでしょう。予算を決めておくと比較的、買いやすくなりますよ。

シンプルなものを選ぶ

結婚指輪はシンプルなデザインのものを選ぶのが普通です。小さい宝石程度であれば別に構いませんが、そもそも大抵の結婚指輪はリングのみのデザインとなっています。ゴールド、シルバー、プラチナなどいろいろな結婚指輪がありますが、価格は純度によって変化しやすいです。デザインカタログを用意していたり、ホームページなどで情報を公開しているお店もありますね。事前にネットでお店、リング情報を調べておくのが良いでしょう。

オーダーメイドや加工について

有名店であれば結婚指輪のオーダーメイドも普通にサービスとして提供されています。デッサンもしてくれるので、イメージもしやすいと言えるでしょう。つやのあるなしも指定できるなど、細かいところで違いを見せることもできます。加工技術も進化していて、元々所有している指輪を使って新たな指輪を作るといったことも可能ではあります。家庭にある由緒正しき指輪を今風のデザインにして結婚指輪にするといったことも出来ますね。

結婚指輪の品質をじっくりと見極めるうえで、販売実績の良いジュエリーショップに足を運ぶことがポイントと言えます。