結婚式に招待されたら?招待状の返信の3つのマナー

いつまでに返信したらいい?

結婚式の招待状が自宅に届いたら、その届いた日から2~3日以内に送付するのが最も理想的な方法です。しかし仕事の都合などですぐに変身出来ない場合には、最低でも記載されている期限までには返信するようにしましょう。この出欠が可能かどうかの返信はがきは、新郎新婦が受け取る事によって、結婚式に参加してくれるゲストの人数を把握するための重要なものとなります。披露宴の席次を決めたり、料理や引き出物の数を決めたりする事は、人数の確定が早いほど、早く準備を始めることが出来るのです。

仕事などの都合上、結婚式当日の予定が分からない場合

結婚式の招待状が届いたとしても、妊娠出産の日と重なっていたり、仕事などの都合ではっきりと予定が分からないといった人も中にはいるでしょう。そんな場合でも招待状が自宅に届いてから1週間以内に、直接電話をして事情を説明し返信が遅くなる事を伝えておく必要があります。そしてこの日までには返事が欲しいと言う事を聞いておき、その返信期限までには必ず返信はがきを出すようにしましょう。返信の期限は、基本的に新郎新婦にとって、これより遅くなったら結婚式の準備に支障がでてしまう期限になります。

返信はがきには、何で書いたらいい?

結婚式のフォーマル度が高いほど返信はがきには、毛筆あるいは黒インクの万年筆で書いた方がいいでしょう。しかし毛筆は普段から書き慣れた人でないと難しいため、慣れているボールペンの方が読みやすく書ける場合があります。そんな時には先方にきちんと判読してもらうためにも、ボールペンで書くようにした方がいいです。ただしどのような場合であっても、色は黒にするのがマナーとなります。黒とよく似ているグレーは、不祝儀の色であるため、間違っても使わないようにしなければいけません。

結婚式場を東京にすると決めたら、おおまかにでもだいたいの式場のエリアを決めると、スムーズに結婚式場を決めやすいです。